仔魚取り出し当日(L46 ワイルド インペリアルゼブラプレコ:NO.2♂×L46 ワイルド インペリアルゼブラプレコ:NO.1♀=自家産F1:2腹目)

DSC07523-2.jpg

DSC07496-2.jpg

仔魚取り出し日:2018年12月8日
仔魚取り出し時:28℃ pH7.5 TDS115ppm
仔魚取り出し数:8匹(2018年12月8日:※1仔魚3匹飛び出し)
育成環境:ろ過重視(ストック水槽)
※2餌(ふ化前後〜仔魚取り出し迄):冷凍赤虫or冷凍ブラインシュリンプ

ふ化後10日目(産卵後16日目)で仔魚を取り出しました。
仔魚の卵黄嚢がほぼ吸収される迄、産卵筒の中でお父さんインペにケアを任せた方がちびインペの生残率だけでなく状態もいいです。卵黄嚢の吸収不全を起こしている仔魚が見当たりません。
ただし卵黄嚢の吸収具合や仔魚の飛び出しを考えると、仔魚取り出しはもう数日早くても良かったと思います。とはいえ今迄で一番多くちびインペを残す事が出来ました!

※1.仔魚取り出しはふ化後1週間程度で行う(水温28℃の時)。
※2.ふ化前後〜仔魚取り出し迄の期間は、水質急変や餌やり等による水質悪化に注意する。

2018年度 全統センター試験プレテスト



昨日、本番前最後の模擬試験を受けてきました!
数ⅠAはやはり時間が足りないですね。。

今週はまた解き直しを頑張りたいと思います!

HARD STYLE KETTLEBELL

DSC07417-2.jpg

DSC07378-2.jpg

↑伊藤鉉鋳工所の国産ケトルベルです。IVANKOのものにするか迷いましたがこちらを使用しています。重量は左から12kg、24kg、48kgになります。1つ1つが「くわな鋳物」職人さんの手作りによるものですのでハンドル部分の太さ・アーチが良く計算されており、持った時のフィット感が滑らかで素晴らしいです!ケトルベルは通常のダンベルによるウエイトトレーニングと比べて、動的(瞬発的)な負荷を全身にかけることができるので体幹を鍛えるのにより適しています。

DSC07419-2.jpg

↑荷重懸垂を行う際には、ケトルベルをディッピングベルトに吊り下げてトレーニングしています!

DSC07406-2.jpg

↑ウエイトトレーニング時に使用している室内履きシューズです。もともと作業用スリッポンですので靴底のグリップ力が優れており、かつ靴底が薄いのでウエイトを持った時に沈み込むことがありません!福山ゴムが製造している”親方寅さん”という商品になります。

筒入り当日(L46 ワイルド インペリアルゼブラプレコ:NO.2♂×L46 ワイルド インペリアルゼブラプレコ:NO.1♀=自家産F1:2腹目)



↑筒入り当日

筒入り日:2018年11月20日
産卵日:2018年11月22日(2018年10月26日→2018年10月3日→2018年9月13日→2018年8月18日頃)
ふ化日:2018年11月28日(2018年11月28日:仔魚1匹飛び出し)
筒入り時:28℃ pH7.6 TDS128ppm
産卵時:28℃ pH7.7 TDS128ppm
ふ化時:28℃ pH7.6 TDS120ppm
育成環境:ろ過重視(ストック水槽)

プレコ用自作産卵筒

DSC07314-2.jpg

DSC07307-2.jpg

ニューインペリアルダップルドプレコとオリノコメガクラウンプレコのために白い塩ビパイプを使って産卵筒を作りました!左側の太い方は内径21mm、右側の細い方は内径17mmです。長さは双方とも10cmです。

POWER BLOCK(SP EXP)



↑可変式ダンベルのパワーブロックです!最大重量は片手で90ポンド(約41Kg)です。これを使えばジムダンベルを揃えることなく、トレーニングにドロップセット法を簡単に取り入れることが出来ます!また以前は使用していなかったのですが、腰を保護する(腹圧を高める)ためのパワーベルトを着けてトレーニングしています。
ちなみに自宅ではさすがに高重量バーベルを使ったビッグスリー(ベンチプレス・スクワット・デッドリフト)のトレーニングは無理なので、先日自宅近くのゴールドジムに見学に行ってきました!体験チケットがあるので余裕ができたら、気分転換も兼ねてジムデビューしてみたいと思います。

名称未設定 2

中学時代にサッカーをしていたので脚力はあるのですが、やはり高重量バーベルを使わないと脚はなかなか太くならないですね。。はぁーchicken legs。。(T_T)

オリノコメガクラウンプレコ♂(ウィルヘルム血統F2色彩変異個体)

DSC07203-2.jpg

DSC07187-2.jpg

DSC07188-2.jpg

2018年11月2日撮影

オマケブリードプレコ:オリノコメガクラウンプレコ♂(ウィルヘルム血統F2色彩変異個体)5.2cm

運よくオリノコ色彩変異個体♂♀を手に入れる事が出来ましたのでペアリングに挑戦してみたいと思います!

2018年度 第3回 全統マーク模試



今日は朝から一日かけて、河合塾の模擬試験を受けてきました!
センター試験本番は2日間に渡って行われますがマーク模試では1日で全ての科目を解きますので、毎度のことですが少しハードでした。。そういう意味では記述模試の方が科目数が少なくて楽ですね。

今日は早く寝て、明日からまた解き直しを頑張りたいと思います!

筒入り当日(L46 ワイルド インペリアルゼブラプレコ:NO.2♂×L46 ワイルド インペリアルゼブラプレコ:NO.1♀)



↑筒入り当日

筒入り日:2018年10月24日
産卵日:2018年10月26日(前回は2018年10月3日、前々回は2018年9月13日、その前は2018年8月18日頃)
ふ化日:2018年10月31日(仔魚9匹飛び出し)
筒入り時:28℃ pH7.5 TDS113ppm
産卵時:28℃ pH7.5 TDS115ppm
ふ化時:28℃ pH7.5 TDS116ppm
育成環境:ろ過重視(ストック水槽)

※ふ化前後の水質急変や餌やり等による水質悪化に注意!

ミニベロ



↑6年程前に購入したルイガノのロードレーサー仕様のミニベロです。小径車ながらカーボンフォークを採用しており、乗り心地の良さと高速巡航性を確保しています。
以前はビンディングシューズ用のペダルを付けていましたが、何度か立ちゴケしたため取り外しました^^;転倒してリアディレイラーに傷が付いたり、ディレイラーハンガーが曲がってしまったりすると何気にショックです。。

DSC06820-2.jpg

↑ルイガノのミニベロ(左側)はタイヤをパナレーサーの”Minits Tough”(小径車用耐パンク性能強化モデル)に交換しています。ビアンキの街乗り用ミニベロ(右側)と比べて見るとタイヤの太さがとても細いことが分かります。さらに街乗り用タイヤの空気圧がMax65P.S.Iなのに対して、ロードレーサー用タイヤのそれはMax100P.S.Iまで大丈夫ですので転がり抵抗が小さくロングライドに適しています!

2018年度 第3回 全統記述模試



↑昨日、河合塾の模擬試験を受けてきました!
数学は現在使っている問題集で対応できることが分かったので良かったです。
とはいえ二完(二問完答)でしたので、今後の課題は時間配分です。
今週中に解き直しを行って完璧にしたいと思います!

DSC07476-2.jpg

↑採点済答案が返却されました。二問完答しましたが、途中1箇所のケアレスミスが影響して点数は良くありませんでした。。答えが“汚い数字”でしたのでおかしいと感じたのですが、遡って見直しする時間は残っていませんでした。。

DSC07538-2a.jpg

ニューメガクラウンゼブラプレコ♀




2018年10月15日撮影

FOブリードプレコ:ニューメガクラウンゼブラプレコ♀(Will Line4th♂×L236 ドイツブリード♀=F1)

ニューメガクラウンゼブラプレコ♀色彩変化

DSC01750.jpg
2018年5月20日撮影
↓↓↓

2018年10月15日撮影

DSC01754.jpg
2018年5月20日撮影
↓↓↓
DSC06678-2.jpg
2018年10月15日撮影

DSC01740.jpg
2018年5月20日撮影
↓↓↓
DSC06639-2.jpg
2018年10月15日撮影

FOブリードプレコ:ニューメガクラウンゼブラプレコ♀(Will Line4th♂×L236 ドイツブリード♀=F1)
プロフィール

yohei55

yohei55
→YouTube

合計カウンター
オンラインカウンター
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク