仔分け&ブライン初日(テフェリバー・スポッテッドグリーン♂×AJマナカプルレッドターコイズ♀=自家産F1:淘汰)

DSC00710.jpg

DSC00707.jpg

2017年4月16日撮影 2017年4月8日ふ化

(2017年4月24日追記)
色々と考えうる対策を講じましたが、今回も多くの稚魚にヒレの溶け・裂けを生じさせてしまったため全個体を淘汰しました。なんか手詰まり感が否めないです。生き物をこのような形で処分するのはほんと心苦しいです。ペアを組み替えてもこのような個体が生じるということは、遺伝云々よりもやはり環境(水)が悪いんだと思います。ただ同じ環境であっても親魚だけでなく5cmサイズの幼魚はいたって普通に育っていて、稚魚についてもpH5程度まで落とした飼育水で産卵・ふ化・体着したケースではこのような問題は生じていません。ですので原因は通常飼育では問題にならない程度の常在菌によるもので、仔分けする以前に暴露した菌によって稚魚が影響を受けていると推測しています。今回も例にもれずコミコミパックで自分の経験不足ゆえの結果なのでしょう。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yohei55

Author:yohei55
ディスカスに翻弄されるつたない日々をつづります。。_(:3 」∠)_

'17.3 撮影用コンデジSonyDSC-RX100初号機導入

合計カウンター
オンラインカウンター
ランキング参加中^_−☆
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR