生後2ヶ月(北岸アレンカー"サンタフェ"♂×46Ls①-4♀=自家産F1:全落ち)

20150916131634753.jpg

201509161316364b0.jpg

2015091613163825c.jpg

2015年9月16日撮影 2015年7月14日ふ化

現在、全長は4cmぐらいです。
やはり以前の過密飼育と自分の稚魚育成能力の無さから、多数の稚魚達に悪影響が幾つか出てしまいました...。
まず1点は、水換えを失敗したことにより鰓に障害が残ってしまいました。鰓膜(白いオブラート状の膜)が鰓蓋からはみ出てしまいました。
もう1点は、水換時に走ってしまった稚魚達がぶつかり合い、鰭が裂けてしまいました。観察していると何となくですが、稚魚期に裂けてしまった鰭は再生しないような感じがしています。
今後はこれらの点を改善して、気を付けて稚魚育成に励むつもりです。

現在は赤虫中心の給餌なのですが、ほとんどの個体の鰭周りと側面中央部分が赤く色付いてきています。
日々変化する体色に興味が尽きません。

(追記)その後、大きい個体は6cm弱(生後3ヶ月)にまですくすく育っていたのですが、全個体落としてしまいました。まさか、ここまで大きくなった個体達が次々落ちてしまうなんて信じられませんでした。原因は、稚魚期に生じさせてしまった鰓の障害に起因するものですが、一番はその対処がまずかったことです。稚魚の将来性に期待していただけにとてもショックで残念でした。いつかまた同じ組み合わせのペアリングをして、上手くいくかは分かりませんが次世代を得てみたいと思います。

生後2ヶ月(北岸アレンカー"サンタフェ"♂×46Ls①-4♀=自家産F1:全落ち)





2015年9月14日撮影 2015年7月14日ふ化

ブライン38日目(北岸アレンカー"サンタフェ"♂×46Ls①-4♀=自家産F1:全落ち)

20150828120155c42.jpg

20150828120200136.jpg

2015082812020053e.jpg

2015年8月28日撮影 2015年7月14日ふ化

現在、全長は3cm弱ぐらいです。
ガラス面のヌメリ(バイオフィルム)のため水槽が曇ってしまい、稚魚が少し見えづらいです(^-^;
40匹弱の稚魚達は以前よりも一回り大きめの水槽に移動したものの、なにぶん窮屈そうで申し訳ないです(T.T)
もっと大きい水槽の空きができ次第、移動したいと思います。

ブライン1ヶ月(北岸アレンカー"サンタフェ"♂×46Ls①-4♀=自家産F1:全落ち)





2015年8月21日撮影 2015年7月14日ふ化

ブライン2週間(北岸アレンカー"サンタフェ"♂×46Ls①-4♀=自家産F1:全落ち)





2015年8月4日撮影 2015年7月14日ふ化

ブライン11日目(北岸アレンカー"サンタフェ"♂×46Ls①-4♀=自家産F1:全落ち)

20150801110849245.jpg

20150801110853d0e.jpg

20150801110852d32.jpg

201508011108539ae.jpg

2015年8月1日撮影 2015年7月14日ふ化

現在、全長は1.5cmぐらいです。
数匹成長遅れの個体がいますが、全体的になんとか大きくなってくれています。
ブライン給餌後はかなり呼吸が早くなるので、エラを痛めないように気を付けています。

ブライン3日目(北岸アレンカー"サンタフェ"♂×46Ls①-4♀=自家産F1:全落ち)





2015年7月24日撮影 2015年7月14日ふ化

体着2日目(北岸アレンカー"サンタフェ"♂×46Ls①-4♀=自家産F1:全落ち)





2015年7月19日撮影 2015年7月14日ふ化

体着1日目(北岸アレンカー"サンタフェ"♂×46Ls①-4♀=自家産F1:全落ち)

201507181212404b3.jpg

20150718121243b32.jpg

201507181212441ac.jpg

↑左個体:46Ls①-4♀ 右個体:北岸アレンカー"サンタフェ"♂

20150718121246fa9.jpg

201507181359023ed.jpg

2015年7月18日撮影 2015年7月14日ふ化

アタック数:20数回目
ふ化日:2015年7月14日
ふ化数:40匹程 
体着数:40匹程
産卵時:28℃ pH5.0 TDS70ppm
ふ化時:記録なし
体着時:記録なし

このペアの繁殖に失敗すること20数回、ようやく体着までたどり着けました。
ふ化数は40匹程度、幸いそのほとんどが体着してくれました。
♀親の作出者であるプロブリーダーさんには、幾度となく大変親身にご相談にのって頂きました。この場をかりて御礼申し上げます。どうもありがとうございました!!
途中、水質を何度も調整したものの上手くいかなかったため、くじけそうになりペア解消も考えました。しかし一目惚れした♀個体であったため、どうしてもこの個体を種親に使って次世代を採りたかったのです!
このペアの♀親の特筆すべき特徴は、体表全体にビッグスポットをもち、さらに背中まわりから鰓蓋に至るまで明るい赤が塗りつぶすようにのっている点です。
今回のブリーディングは、クリペア系ワイルドを♂親に使うことで、地肌の色がトーンダウンしたF1個体が出現することを狙っています。地肌が暗くなることにより、その上にのる赤がより濃く見えるようになると予想しています。
まだまだ前途多難ですが、これから育成をがんばります!
プロフィール

yohei55

Author:yohei55
ディスカスに翻弄されるつたない日々をつづります。。_(:3 」∠)_

'17.3 撮影用コンデジSonyDSC-RX100初号機導入

合計カウンター
オンラインカウンター
ランキング参加中^_−☆
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR